村岡社会保険労務士事務所主要業務

2009年06月26日

学生アルバイトなど所定労働時間が短い場合の出勤率(労働日)の計算



年次有給休暇(労働基準法第39条)

使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。

パートタイム労働者や学生アルバイトなど一定の要件を充たす労働者の場合は、この10労働日を少なくして与えてもよいことになっています。これを比例付与といいます。


年次有給休暇の比例付与の対象となる労働者
・週の所定労働時間が30時間未満、かつ週4日以下の所定労働日数の労働者
・週の所定労働時間が30時間未満、かつ年216日以下の所定労働日数の労働者

比例付与形式で年次有給休暇を与える場合、出勤率の計算(全労働日の8割以上の出勤)が問題になります。

パートや学生アルバイトの場合、週何日の何時間といわゆる正社員などと比べて短く設定されています。
仮に週3日、1日4時間の契約で働いている場合、8時間労働した者を1日、4時間勤務の者を0.5日と計算することはいけません

労働日とは所定労働時間の長短を問わず、仮に1分しか働いていなくても1労働日と計算しなければいけません。

関連判例・・・エス・ウント・エー事件(H4.2.28最高裁第3小法廷判決)

参考リンク・・・年次有給休暇


【村岡社会保険労務士事務所グループサイト】
労働契約と就業規則対策室
助成金申請サポート・大阪
労働基準法・労働法・労務管理実務一口メモ
大阪・派遣許可対策室(人材派遣業設立手続代行)
「大阪・派遣許可対策室」ブログ版
労働安全衛生法の基礎知識
育児・介護休業法の解説
男女雇用機会均等法・セクハラ対策
大阪@開業社労士 村岡社労士事務所ブログ
村岡社労士事務所 事務所ニュース
大阪の特定社労士 村岡社労士日記
posted by 村岡社会保険労務士事務所・大阪 at 11:17| 年次有給休暇

村岡社会保険労務士事務所(大阪・派遣許可対策室)訪問可能エリア


 大阪府  大阪市、堺市、東大阪市をはじめとする全域
 奈良県  奈良市、生駒市、香芝市、大和郡山市、王寺町、三郷町
 兵庫県  尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、神戸市
 京都府  京都市、京田辺市、精華町、木津川市