村岡社会保険労務士事務所主要業務

2009年03月04日

歩合給制の有給休暇中の賃金


年次有給休暇(労働基準法第39条)に対する賃金は、3種類あります。

1.平均賃金(労働基準法第12条)
2.所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金
3.標準報酬日額(健康保険法第99条)

給与で歩合給が支払われるような場合、その際の有給休暇の賃金に含めないといけないかが問題になります。


1.平均賃金の場合、有給休暇を取得した日以前、直前の賃金締切日3ヶ月間に支払われた賃金総額をその間の暦日数で割って算出します。
この場合、歩合給は含めて計算することになります。


2.通常の賃金の場合、歩合給を含めずに計算すると、仮にすべてが歩合給の労働者が有給休暇を取得した場合、賃金はゼロになり有給をとったとはいえません。

出来高払制その他の請負制によって計算された賃金の総額(歩合給)を当該賃金算定期間における総労働時間数で除した金額に、当該賃金算定期間における1日平均所定労働時間数を乗じた金額で計算することになります。(労働基準法施行規則第25条第6号) 

歩合÷その月の総労働時間数×その月の1日の平均所定労働時間数

例.歩合30万、総労働時間数220時間、1日平均所定労働時間数8時間
30万÷220×8≒10,909円(例で支払われるべき通常の賃金)

基本給や手当など出勤したものとして計算する他に歩合については上記計算で算出したものを参入する必要があります。


3.標準報酬日額を支払えばよいことになります。


<村岡社会保険労務士事務所グループサイト>−−−−−−−−−−

中小企業の為の、社会保険・労務管理情報室(村岡社会保険労務士事務所|大阪) Webサイトへ
社会保険・労務管理に関する情報を書いています。
村岡社労士事務所 携帯版サイト

大阪・派遣許可対策室 Webサイトへ
大阪・近畿一円の派遣業設立(一般・特定労働者派遣事業)手続を代行します。

大阪@開業社労士 村岡社労士事務所ブログ

大阪・派遣許可対策室 ブログ版

村岡社労士事務所 事務所ニュース

村岡社労士日記
posted by 村岡社会保険労務士事務所・大阪 at 00:00| 年次有給休暇

村岡社会保険労務士事務所(大阪・派遣許可対策室)訪問可能エリア


 大阪府  大阪市、堺市、東大阪市をはじめとする全域
 奈良県  奈良市、生駒市、香芝市、大和郡山市、王寺町、三郷町
 兵庫県  尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、神戸市
 京都府  京都市、京田辺市、精華町、木津川市